HOME > blog > WEB制作 > .htaccessの書き方メモ

.htaccessの書き方メモ

どーしても忘れがちな.htaccessの書き方をメモります。
以外と細かな点でつまづいたりしがちですよね。コレ。

.htaccessとは

WEBサーバーで使用されている「Apache」(アパッチ)を制御する設定ファイルです。
ほとんどのサーバーで使えますね。
下記の時などは、.htaccessの設定が必要となります。

  • WEBサイトの移転
  • ドメインの変更
  • ディレクトリの移転
  • wwwあり・なしのドメインの統一

例)旧サイト(オリジナルドメインでない場合)のサイトリニューアル

  1. 新ドメインを取得
  2. 新サイト(新ドメイン)を作成・公開
  3. 旧サイトURLから新ドメインへ、.htaccessの設定(301リダイレクト)

301リダイレクトの設定により、
旧サイトへのアクセスのルーズをなくし、
Googleなどの検索エンジンにも「サイトを移転しましたよ」知らせる意味があります。

.htaccessの書き方のポイント

ファイル名について

.htaccessでは保存できないので、冒頭のドットはつけずに作成。

htaccess.txt

サーバーアップデート後に、「.htaccess」へリネーム

.htaccess作成時のポイント

文字コード:UTF-8(BOM無し)

改行コード:LF

その他:ファイルの最終行には空行を入れる

アップデート時のポイント

転送モード:アスキーモード

アップデータ後:リネーム

パーミッション指定:644に指定 ※サーバーにより異なる場合あり

設置場所について

基本的に.htaccessの設定をしたいディレクトリに設置。

例)ディレクトリの移転

/A/ のディレクトリを/B/に移転であれば、
/A/ に .htaccessを設置

例)wwwあり・なしのドメインの統一など

ルートディレクトリに設置

.htaccessの記述方法

これは詳しく説明されているサイトが沢山あるので、すみませんが割愛します。

※サーバーによって使えない指定があったりするので、各サーバーのマニュアルを要確認。
※さくらインターネットでは、ファイル中にOptionsの指定は出来ません。

 

サイトリニューアルやSEOにも、.htaccess設定欠かせないですね。

ホームページのリニューアル承ります。

お見積は無料ですので、お気軽にご相談ください。

2016年05月27日  カテゴリー: WEB制作, 制作メモ

この記事のトラックバック用URL

お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

tel0283-25-1618

AM9 : 00〜PM18 : 00(土曜・日曜定休)

メールでのお問い合わせ

single.php