WordPressに最適化したwpXサーバーを使ってみた

wordpress-1280

クライアントのホームページ制作で、Wordpressで構築する案件があったので、
Wordpressに最適化したwpXサーバーを使ってみました。
今回はサイト構築時の感想をお届けしたいと思います。

今回制作するWebサイトのCMSシステムとして、Wordpressを考えていました。

しかーし、皆さんがご存知のように、
Wordpressには表示スピードが遅いという問題が。。
そこで、サーバー探しをしている時みつけたのがwpXサーバーでした。

wpXレンタルサーバー
https://www.wpx.ne.jp/server/

wpXレンタルサーバーの使用感

良い点

看板に偽りなし!
快適なスピードで、Wordpressでもサクサク動く

悪い点

基本、普通のサーバーと使い勝手などいろいろと違うんです。このサーバー。
しかも下記のようなことはできませんよ。的なインフォーメーションが個人的には見つかりませんでした。
※すごく下層のページにはあるのかも。

FTPアドレスがサーバー発行メールに記載がない

通常サーバー契約時にFTP仮アドレスなどが記載されたメールが届くが、
wpXサーバーでは、FTP仮アドレスの記載がメールにありません。

サポートに電話したところ、
Wordpressをインストールすると、FTPアドレスが発行されるらしい。(変わってるね)

オリジナルドメインを先に取得しておかないとダメ

FTPアドレスがないと何もできないので、Wordpressをインストールしようとしたら、
「ドメインを先に取得しインストールしてください」と書かれている。
※もちろんオリジナルドメインを使わないのならそのままインストールできる

ドメインが後日取得予定だったので、サポートに電話し、

「Wordpressをインストールしておいて、普通のサーバーのように
後日、そのディレクトリにオリジナルドメインを充てられませんか?」

「Wordpressをインストールしたディレクトリに、後からドメイン適応ができないそうで、
その場合、ドメイン適応版として、まるごと作り直しするしかない」らしい。

フォームメールなどのCGIが使えない。

通常のサーバーだと、sendmailが使えるか?CGIのパーミッション指定とか、
CGI使用に関することがマニュアルなどある筈ですが、なぜか上記情報の記載がない。
サポートに電話すると
「CGIの設置を想定していない」
との返答。(びっくり!)
Wordpressのメールフォームプラグイン「contact7」で何とか対応。

総評

良く考えると上記などの問題、
すべてWordpressの最適化したが故の問題っぽい。

正直、プロとしては使い勝手がかなり悪いサーバーと感じました。

いろんなサーバーを知っているからこそ、悪い点と捉えてしまいますが、
アフィリエイトなどのが目的の一般の方の場合、問題と感じないかも知れません。

WordPressに頼らなくても、いろいろ出来てしまう人にはおすすめしません。

そのかわり、何でもWordpressでやりたい方には良いかも知れません。

 

ご要望の際は、お気軽にご相談ください 栃木のホームページ制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


この記事のトラックバックURL