WordPressでブログを作る際、プロが始めに施策している項目

home-office-336378_1280

WordPressでブログを作る際、プロが始めに施策している項目は正直、沢山ありますが、、
この記事ではあまり難しいことは省いて、Wordpressでブログを作成したら、最初にこれだけやっとくと良いというものを書きたいと思います。

パーマリンク設定

ディフォルトのままだと、なが〜いURLで、ディレクトリ構造もわかりにくい状態。あまり良くないですね。

ディフォルトURL
http://sampleurl/?p=123

これをカスタムし、下記のようにカテゴリ構造も入れながら、シンプルに表示したい。

カスタムURL
http://sampleurl/category/post_id.html

※ご注意:ウェブページアドレスが変わる為、初期段階の施工がおすすめです。ブログ運営後に施工した場合、SEOやSNSシェアなどの効果がなくなる恐れがあります。

パーマリンク設定の方法

設定→パーマリンンク設定→カスタム構造 で

http://sampleurl /%category%/%post_id%.html と入力。

さらに、同ページのカテゴリベースの書き換え

「.」カッコ内のドットのみを入力。

パンくずリストの設置

SEOやユーザビリティーに効果的なので、パンくずリストを設置します。

タグ機能を利用しやすく

プラグイン:Simple Tags をインストール。これで一度入力したタグを簡単に再利用でき、記事作成時の手間が削減できます。

誤入力で似たタグの生成なんかも少なくできていいですね。

サイドメニューのカテゴリー表示を変更

ディフォルトですと、変な順番にカテゴリが並んでしまうので、任意の順番に入れ替える。

この施工には良いプラグインがあり、簡単に施工できます。是非お試しを。

サイドメニューのカテゴリー表示を変更プラグイン
Category Order and Taxonomy Terms Order

更新情報サービスの設定

更新情報サービスは、PING送信と言って、さまざまなサイトに更新情報を通知する機能。ブログランキングなどに登録時はここにpingアドレスを入力します。

設定→更新情報サービス

各種シェアボタンなどの設置

せっかくのブログです。SNSやブックマークサービスなどのボタンを設置しておきましょう。

簡単に設置するのなら、忍者ツールがおすすめです。

Googleウェブマスターツールへ登録と
sitemap.xmlの設置

sitemap.xmlを作成し、Googleウェブマスターツールで申請しましょう。

アナリティクスの設置

Googleアナリティクスでも、忍者ツールでもいいとは思いますが、WEBサイトの動向を見る為に、アナリティクスの設置がおすすめです。

できれば、カスタムフィールドの設置

一般の方は、やる必要がないかもしれない。だけども、この施工で更新がぐっと楽になる。ブログを楽に良いものにしたければ、やって損はありません。

新規に目的に沿った入力枠が設置できる為、定型のウェブページ作成には最適です。

このブログでは、記事上部のアイキャッチ画像、キーワード、ディスクリプションなどにカスタムフィールドで入力するで記事作成の手間を減らしています。

※施工が少し複雑になる為、施工方法などは割愛させてもらいます。

 

大体、こんな感じでしょうか。
デザインをカスタムしたり、テンプレートの作成、SEO施策となると、もっと出来てきてしましますが、一般の方が、Wordpressでブログを作成と考えたら、上記項目を満たせば十分かと思います。

Googleが誘導ページ(Doorway Page)ガイドラインを更新、どうでしたか?

ご興味がありましたら、お気軽にご相談ください。CMS管理・更新システム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


この記事のトラックバックURL